世界に1本のボトルで記念日をお祝い

ワインボトル

お酒のボトルに特殊加工の技術を使うことによって、オリジナルのメッセージやデザインを彫り込むことができるのが、ボトルエッチングになります。通常サイズのボトルだけではなく、大きなサイズにも対応しているので、要望に合わせたボトルを選べるというのもポイントの1つです。そしてお酒のボトルであれば、ワインでも日本酒でも焼酎でも対応しているので、自分が好きな種類のお酒、もしくは贈る相手の好みに合わせた形でオリジナルのボトルエッチングを作れます。ではボトルエッチングは、どのようなシチュエーションで利用されているのでしょうか。多くの場合は、記念日を形に残すための1本という形で利用するケースになります。例えば結婚記念日などの特別な日のお祝いにボトルを作成する方もいれば、子どもが生まれた記念に名前入りのボトルを作る場合もあります。さまざまな場面で活用できるので、自分に合った形で利用しましょう。実際にボトルエッチングを作りたい場合の注意点の1つが、ボトルの種類によってデザインを彫り込める面積が異なるという点です。彫刻するボトルが決まったら、業者側にどのくらいの面積に彫刻できるか相談しましょう。相談したうえで具体的なデザインを検討していくことも大切です。

写真を入れることも可能

ワインボトル

ボトルエッチングの利用を検討しているなら、最初にどのようなデザインが可能なのか把握しておきましょう。デザインが可能といわれても、文字や簡単な絵だけというイメージを持っている方も多くいます。実は文字や簡単な絵だけではなく、写真をデザインしてもらうことも可能です。写真の彫刻も可能なことで、結婚記念日や子どもの誕生などの記念日をボトルエッチングに彫り込んで形に残すという選択肢も生まれます。またボトルエッチングは、1本ずつの注文だけではなく、大量注文をすることもできます。結婚式などのイベントごとで、ボトルエッチングを利用してオリジナルの引き出物などを用意するという選択肢も生まれます。さまざまな活用方法が考えられるので、状況に合わせて利用しましょう。オリジナルデザインでボトルエッチングを作成してほしい場合、データを入稿した後に打ち合わせが実施されます。可能なデザインなのか、もっとよくするにはどうしたらいいのかなどのやりとりをした後で、本格的に彫刻をしてもらうステップに移ります。事前に打ち合わせが実施されることで、希望に近いものを作成してもらうことにつながります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中